岐阜のエステティック クラシィーフ

岐阜のエステティックサロン『クラシィーフ』です。フェイシャル、まつ毛カール、ボディケア、リンパドレナージュ、美容矯正、ブライダルエステなど、豊富なメニューでお待ちしております。

スタッフブログ

エステティシャン市川のこぼれ話

コンプライアンスセミナーを受講
2015.11.30

11月16.7日と、連続して名古屋へ通いました🚃

16日は名駅のWINCあいちで、日本エステティック協会主催のコンプライアンス

セミナーでした。📖

同協会の地区委員をさせて頂いているので、会場の設営・受付・報告書作成・

片付け等をしながらの受講ですが、動くことは自分に合っている為、毎回、

楽しんでお仕事をしています。(^^)

講師は、()エステティック・ナビゲーションズ  代表取締役、元エステティッ

ク専門誌  ソワンエステ編集長の渡辺邦雄氏

エステティック業界が、特に理解しておかないといけない法令・規制は、「景品

表示法」と「特定商取引法」です。

複雑で難しい内容ですが、お客様の「安心・安全 」、エステティックサロンに

とって一番大切な「信頼」を得るためにも、十分に留意すべきだと、改めて感じ

ました。( ..)φメモメモ

 

講習後は、渡辺先生を囲んで、委員の方々と会食です。

さすが、エステティック業界を知り尽くしていらっしゃる先生だけあって、一言

一言が、現場で働く私の心に響き、前向きパワーを頂けました。(*^^)v

 

17日は、当店でも人気のボディケアメニュー「エミール・フォッダ式リンパ

ドレナージュ」の諏佐先生が東京からお越し下さったので、施術を受けてきま

した。

先生のタッチを、自分の身体で確認することが、一番の復習になります。(^^)v

また、個人サロンの大先輩としても、実践的なアドバイスを頂けるので、とても

有り難いです。!(^^)!

これからも、常レベルアップを目指して参ります。

005.JPG001.JPG


育成園「ともだちひろば」
2015.11.20

11月4日

岐阜市長良にある、社会福祉法人 児童養護施設 日本児童育成園「ともだちひろば」に、

ボランティアに行って参りました。(^・^)

創立120周年を迎えられ(明治28年 古川町に創設)、トワイライト・ショートステイ事業・

子供家庭支援センター・乳児院と、益々、貢献の幅を広げていらっしゃる施設です。

「ともだちひろば」は、地域の人々との協力により、豊かな文化創造力の場として、

子どもたちに遊びを通して、育ちに必要な環境を提供していくこと、事業への理解を

深めてもらうことが趣旨。

多くのボランティア団体が協力され、それはそれは、盛り沢山の内容で、賑やかで

楽しい一日でした。(^^♪

 

私は、ひょんなことから関わらせて頂いている、内閣府絡みの「岐阜県青年国際交流

機構」(IYEO)の役員の方々と一緒に、お手伝いをさせてもらいました。

子供達に海外の文化に触れて外国に興味を持ってもらいたい、をテーマに、海外の

フォークダンスを観て、踊って、民族衣装を着て写真をパチリ📷、という企画です

このブルガリア トラキア地方の衣装でイベントホールに入っただけで、子供達の

目は点。(@_@)

IMG_9428.JPG

ニコニコと手を振ってくれる子も。 興味津々です。!(^^)!

まず簡単に、民族衣装やフォークダンスの解説をしてから、マケドニアの名曲「レカン

スコ」、ブルガリアの、これまた名曲「コプチェト#2を、息を切らしながら(^^ゞ、

笑顔でデモンストレーション。(^^♪

多分、観たことのない激しい複雑なステップに、大人も子供も、またまた目が点だった

様子。(^_^;)

次に、踊り方の説明をして、皆さんにも一緒に踊って頂くのは、パーティ向きの簡単な、

♪歩いて タッチ・・・♪ くらいの動き「メグダンスコ」(ブルガリア)です

ちょっと悪戦苦闘していらっしゃいましたが(^^ゞ、幼稚園児から40代くらいの大人まで、

しっかり手を繋ぎながら、素敵な笑顔で、曲の最後まで踊って頂けました。(^_-)

郡上踊りもそうですが、はやり踊りは人と人を結ぶものですね。(^_^)v

 

民族衣装は、IYEOの役員さん達が海外で購入されたもの、私は、学生ダンス

サークル時代に手作りした物から、パーティ用に作った物、先輩から頂いた物、

本物、髪飾り・・・

いろいろ持って行き、子供達に好きな衣装を選んでもらい、着付けをお手伝い。(^^)

ヨーロッパ・メキシコ・チャイナ ・東南アジア などなど。

みんな、可愛くって、可愛くって、はに噛んだ笑顔に、こちらが癒されます。(*^_^*)

女の子は、お姫様気分が大好きですものね。💖👸

「次はね、あれを着たいの~♪」と、次から次へと、着せ替え人形状態でした。(*^^)v

IMG_9429.JPGIMG_9431.JPG

IMG_9400.JPGIMG_9401.JPG

IMG_9402.JPGIMG_9403.JPG

IMG_9404.JPGIMG_9406.JPG

IMG_9405.JPGIMG_9407.JPG

大好評につき、また来年もバージョンアップして参加しましょう、ということに

なりました。(^^)/

オレンジリボン運動(幼児虐待防止)にも繋がります。

ぜひお近くの方は、来年の日程を気に掛けていて下さいね。(^^)

      (会場の様子の写真は控えます)


郡上八幡城 紅葉まつり
2015.11.13

昨夜、郡上八幡城の紅葉まつりのライトアップに行ってきました。(^^♪

今が、正に見頃です。!(^^)!

岐阜市内よりは気温が低かったですが、風も無く、穏やかな紅葉狩り日和。

山の頂上に建つお城の直ぐ下まで、車で行けるのですが、かなり道幅が狭く、急カーブが

多いので、特に大型車は気をつけてください。(>_<)

無料の駐車場は、20台ほどまで。

平日にもかかわらず、満車に近かったです。(^_^;)

ライトアップの時間は、日没~21時。 11月15日(日)まで

今は、「世界糖尿病デー」で、お城はブルーのライトになっていました。

神秘的!(*^。^*)

IMG_9447.JPGIMG_9449.JPG

雲海にそびえる八幡城のポスター効果で、全国的に人気上昇中↑ だそうです。

  郡上八幡城

城山を散策した後は、八幡で温かい・美味しいグルメが、お勧めです。)^o^(

紅葉まつりは23日までで、いろいろなイベントが開催されます。

ぜひ、郡上八幡まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。(^o^)丿

IMG_9443.JPGIMG_9444.JPG

IMG_9455.JPGIMG_9452.JPG


おわら風の盆
2015.10.31

今年も、あと2ヶ月になってしまいましたね。(@_@)

一日・一ヶ月・一年が早く感じるのは、日々の感動が少ないかららしいですが、

こぼれ話にこぼれるくらい、割と感動することが多めの私も、なぜか早い。(^^ゞ

9月3日~ 富山市越中八尾 おわら風の盆へ

今年も、行ってきました。 !(^^)!  これで、10年くらい通っているでしょうか。

北陸新幹線開通で、更にホテルが取り難くなりましたが、何とか3日はキープできた

ので、良かった~。(・・;)

車で、まずは郡上八幡に寄って、「まつい」のお蕎麦と、上田酒店のソフトクリーム

食して、旧庁舎で手土産を買ってから、一路、富山まで。

IMG_9037.JPG

ホテルにチェックインしてから、電車で越中八尾へ。

さすが、富山駅は綺麗に大きくなって、新しいお店もいっぱい。(^.^)

八尾は生憎の雨降りで、上新町の夜10時からの輪踊り(一般の人が踊れる輪)は

残念ながら中止になっちゃいました。(>_<)

IMG_9042.JPGIMG_9045.JPG

諦め切れず、おわら節の聴こえる、公民館横の風情あるお宅の軒下で、友達と二人で

少し踊らせてもらっていました。(^^ゞ

しばらくして、そのお宅の扉が開き、ダンディなおじ様が出てきて、お声を掛けて

くださったのです。

ナント!そこは、ダイドードリンコ協賛のTV番組で、おわらの特集で取材を受けられた

「喫茶つどい」だったのでした。(*^_^*)

ママさんが、扉に映る、私の踊っているシルエットに興味を持たれ、「中に入れてあげて」

と、閉店後につどっていた常連のおじ様に支持をされてそうです。

恐縮しながら入らせていただいたら、またまたナント!ママさんは「風」の帯で流しを

されるグループリーダーの昭美さんだったのです。(^^♪

気品ある、美しい熟女の踊りをされる、踊りの名手☆彡

ご主人は、40歳から胡弓を始められたという、大変努力家の素敵な方。

冷たい飲み物とチョコレートを出してくださり、いろいろと話が弾み、その特集番組の

DVDを見せてくださいました。

今年6月に亡くなられた、「風の盆恋歌」の直木賞作家 高橋治先生と、親交が深か

ったママとマスターなので、その番組にも、高橋先生が出演していらっしゃいます。

「今夜は、先生の追悼の流しを、1時からするのよ」と教えてくださいました。

私達も流しを楽しみに、お店を出て、時間をつぶしていたのですが、残念ながら雨は

止まず。。。(T_T)

また、「つどい」の前にたどり着いたら、その向かいのお宅で、何やら人だかりが!

流しができなかった分、高橋先生をお招きしていらっしゃったお座敷で、「風」の帯

皆さんがTVの取材で踊っていらしたのです。(*^^)v  うっとり~。

IMG_9052.JPG

取材が終わったら、昭美さんが私達に気がついて、「ちょっと休憩してからまた踊るから、

あなたも一緒にどーお?蛍も踊れるでしょ?(^^)」と誘ってくださったのです。(@_@)

ママを慕う、他の町内からも集まった地方(じかた 唄・三味線・胡弓)の方々も、名の

知れた方ばかり!

かなり緊張しましたが、この上なく贅沢なお座敷踊りは、夢のような時間でした。(*^_^*)

「あんた、思ったより上手やったな。どこで覚えたんや?」「あなた、輪踊りでよく見るわ」

「郡上おどりをやってるの~?私、春駒が好きだわ~(^o^)」。。。

踊りの勉強にもなりましたし、こんな飛び入り参加の私を温かく受け入れてくれた皆さん

懐の深さに、感謝 感謝でした。m(__)m

踊りタイムの後は、長テーブルを並べ、いろいろな手作りのお料理が出てきて、宴会

準備が始まりました。

またママさんが、「あなた達も食べていって。外は雨降りだから、ゆっくりしていって」と

温かいお言葉を。(*^_^*)

甘えっぱなしで、頂くことに。

またまた、郡上おどりやいろいろなお話で、賑やかで楽しい宴会になりました。

お開きになってから、今度は地方のお一人で、西新町の唄の名手 成瀬さん(TVでも

特集された方)が、気さくに「内に寄ってってくれ~」と案内してくだいました。

明け方の4時くらい(^^ゞにもかかわらず、奥様がをむいてくださって、おわらの

話をいろいろしていただけました。

「また、来年も寄ってくれな~」と、優しく微笑んでくださいました。(^^)

幸い転じて福となる  雨降りだったからこそ、更に八尾の方々の深い人情に触れる

ことができた、とても幸せな「おわら」でした。

IMG_9085.JPGIMG_9081.JPG

   4日の朝5時の諏訪町輪踊りも中止でしたが、25歳までの踊り手の方々の

   最後の踊りはありました。右からお二人目の女性が卒業です。


夏の思ひ出 其の三
2015.10.11

8月13~16日 郡上 徹夜おどり

7月16日から始まった郡上おどりが、折り返し地点となる「徹夜おどり」四日間。

常連にとっては、連日猛暑の中で通って踊った前半戦を「頑張ったわ~!(^^)!」と

振り返り、ちょっとお祭り気分になれる期間なのです。♪

観光客も一気に増え、普段の踊りではお顔を見ない方々を、お迎えするつもりで

踊り出しや、唄の伸びで踊りがずれないようにリードしたり、コーナーをきちんと回る

ように誘導したり・・・何より、郡上おどりの楽しさを、大いに感じてもらえるように、

踊り場の盛り上げ役が第一のお役目です。ヽ(^o^)丿

 

私は昨年と同様、夕方から夜10時くらいまで仕事をしてから、身支度をして、深夜

12時半くらいに八幡着。

最後まで(13・16日4時、14・15日5時)踊って、帰宅して、洗濯・入浴・朝食・睡眠

・・・また仕事、の繰り返しでした。(^_^;)

 

初日の13日は4回ほど、生憎の土砂降りが来ましたが、回復傾向だったので、

最後の1時間ちょっとは、濡れずに踊れました。(^^♪

14・15日はお天気に恵まれ、各々2万人以上の人出はあったでしょうね。

なので15日に、3年目となる ♪フォークダンスの衣装による郡上踊り♪ を、一時間

限定で行いました。(*^_^*)

年々、引っ張り込む常連が増え、今回は11名! 平均年齢50歳? (^^ゞ

内、お化粧させてもらった女装さんは、4名にも☆彡

「あ~!かわいい~(^_-) 。。。。あれっ!?\(◎o◎)/!」と、ウケて頂けました。

fd.jpgfd2.jpg

 

16日は、私の到着からお天気が下り坂で、どんどん雨脚が強くなりました。

もう最終日なんだし、雨降りこそが「踊り助平」の見せ所よ!(^^)! ってなことで、

常連の異様な盛り上がりとなりました。 

自然にいつもより、掛け声や唄の返しは大きくなるし、止まったら寒くなるから、

踊り続けるしかないし。。。(^_^;)

「猫の子」で、たまたま私の後ろで踊ってらした常連の男性が、「わ~!」でもなく

「うお~!」でもなく、ひときわ大きな奇声を発して一心不乱状態だったので、もう

笑えてきて、思わず振り返って、笑顔で会釈したら、照れ隠しの笑顔に。(#^.^#)

去年くらいから、よくお顔はお見かけしていましたが、会話はしたことが無い、40代

前半ほどの方。いつも、ニコニコ笑顔で踊っている印象の方。

それをきっかけに、踊り場で会うと挨拶をし合うようになり、最後には彼から

話しかけてくださったり、自家製の味噌だれをくださったり。

「実は、2年前の災害で、中学生の息子を亡くし、その供養のためと踊り始めたら

ハマってしまいました。(^^ゞ」と、穏やかな表情で話してくれました。(・_・;)

今だから、穏やかに話せるのでしょうね。

あの土砂降りの中で奇声を上げながら一心不乱に、の意味が分かりました。

お盆に戻ってきた息子さんも、悲しみにくれているお父さんじゃなくて、元気に

踊っているお父さんを見て、安心して切子灯篭から帰られたに違いないです。

残された者が、事実をしっかりと受け入れ、弔いながらも、これからの人生を楽しく

生きて行けるように、心も体も整理してくれて、勇気付けてくれる、そんな力が

郡上おどりにはあると、再認識しました。(^^)

 

 


前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
インフォメーション


サロンのご案内
エステティックサロン
クラシィーフ
〒501-1132
岐阜市折立265 マンション久世102
電話 058-234-4885
時間 午前10時 〜 最終受付 午後8時
(午後8時以降の受付相談可)
定休 不定休
駐車場あり
web : http://kuraseefu.com



アクセスマップ
クラシィーフ地図




macco